【お香の歴史】吉原花魁の媚薬香

お香パティシエ☆椎名まさえです。

 
遊女さんたちが逢瀬の時に
お線香を焚いて
時計代わりにしていた話の続きです。
 
吉原の遊郭では、
沈香を原材料として使ったお線香が
ふんだんに焚かれていたといいます。
 
7b0086e0f183ba6feb01407394aec887_s.jpg

 

 

沈香の中でも、
最高級クラスの物は「伽羅」

 

 

当時、流行ったのが
「伽羅の油」という鬢付け油。

 

これを、遊女さんたちは、
競って買いに走ったそうです。

 

とはいえ、本物の伽羅は高額すぎるため、
代わりに、使われたのが
桂皮、丁字、ムスクなど。

 

o0640048014205829828.jpg

これを髪に付けた遊女さんがそばを通ると、
フワッと、何とも言えない
媚薬的な香りがしたと言います。

 

 

この鬢付け油は、シラミ対策として
大変活躍したようです。

 

そして、遊女さんたちは、
沈香のお線香が燻る煙の上で、
着物や陰部、髪の毛に匂いを移しました。

花魁.jpg

 

遊女さんたちにとって香りは、
美しさをアピールする
大切な道具だったんですね。

 

沈香ってどんな香りなのか・・・

ぜひ、個別体験会で
体験されてください!