南無阿弥陀仏と3本のお線香

お香パティシエ体験会.png

魂に栄養を与えるお香の習慣
天然100%の香原料の
オリジナルお線香づくり

▼個別相談会お申し込みはこちら▼

天然100%の香原料でつくる
お線香の香りを体験してみませんか?

あと3で締め切ります!

ーーーーーーーーーーー

魂に栄養を与える香りの習慣
お香パティシエ☆椎名まさえです。



皆さんは
仏壇にお線香を供えたり
お墓参りでお線香を供える時に
何本供えますか?

宗派によって本数が異なるようですが、

天台宗・真言宗では
1~3本を供えるようです。

【3本を立てる理由】

・仏様、ご先祖様、本人に各1本

・現在、過去、未来に各1本

・仏法僧に帰依(きえ)を意味して3本

ここで帰依という言葉が出てきましたが
意味は・・・
神や仏など優れた者に
敬意や尊敬をあらわすという意味です。

帰依は仏教用語の一つであり、
古代インドの言葉である
サンスクリット語の「namas(ナマス)」が由来
です。

ナマスは「南無阿弥陀仏」の「南無」の語源となっており、
とても神聖な言葉です。

ヨガをされている方はご存知ですよね!

2984369c00aac789c7dec0347c9d574d_s.jpg

話を戻しますと
仏法僧に帰依(きえ)を意味して3本とは

⇒お釈迦様のことを敬い心の拠り所にする

「法」⇒お釈迦様が説いた仏法のこと

⇒仏道修行をする僧たち

という意味があるのだそうです。

お線香の本数やあげ方は、
地域の慣習や宗派などによっても
少しずつ異なっている場合が多いですが、
まずは自分でピンとくる本数で
お供えしたら良いかと思います。

私は、3本がピンときました!

292744.jpeg

お香パティシエJPの
「お線香づくり」
個別体験会の募集しています。

あと3名で締め切ります!

69774243_2802938033077740_5851793254609059840_n.jpg

▼お申し込みはこちらから▼

これから年末年始の贈り物にも
喜ばれますよ^^