お香には、人知の及ばない不思議な力が宿っています!

魂に栄養を与えるお香の習慣
お香パティシエJP
椎名まさえです。

 

今日は、香料の歴史について
お伝えします!

 

奈良時代
身体が弱かった聖武天皇のために、
様々な妙薬が集められました。


 

 

天皇が亡くなられた後、光明皇后によって
それらは東大寺正倉院へと納められ
植物・動物・鉱物性香薬が
目録として一巻にまとめて記されています。

 

 

このように仏教伝来にともない
神聖な儀式に不可欠なものとして渡来した
沈香・白檀・丁子・桂皮などの
さまざまな香料は、
生きるうえで、
なによりも大切とされた
薬と同様に管理されてきました。

 

 

なぜならば・・・
神々がことのほか愛する香料植物には

人知の及ばない不思議な力が宿っており、
それらは人の病をも癒すと
考えられていたからです。

 

 

この時代の香料は、

生薬としての役割も高く
大変に貴重なものだったといえますね。

 

現代でも天然100%の香原料だけで作る
お香は、ざまざまな効果があります!

 

自分で作ったお香を習慣にすることで
心身ともに健康な毎日を
過ごしていただきたいと思います。

 

 

今日もありがとうございました。

 

ーーーーーーーーーーーーーー 

漢方生薬たっぷり使った
塗香を作りませんか?

 

只今受付中!!!

 

マスクにも塗れる!

浄化やプロテクト、

お清め効果も抜群!!!

抗菌作用のある香原料で作る「塗香」作り

 

▼個別体験会の詳細とお申し込みは▼

ーーーーーーーーーーーーーーーー

『ウィルスに負けない!お香の習慣』

電子書籍リリースしました!!!

ダウンロードは
⇩⇩⇩
https://okou-patissier.com/?p=2855

d9c5a4ba7d623462fc0135b4dae57c05.png