祈りと瞑想に導く古代からの香り

魂に栄養を与えるお香の習慣
お香パティシエJP
椎名まさえです。

新型コロナウィルスの影響で
週末は不要不急の外出自粛になりました。

ますます

コロナウイルスが心配!
コロナ問題で仕事が心配!
コロナ問題で外出できない!

という不安ばかりがつのります。

こんな時だから
まずは自分の気持ちを
落ち着かせ
ぐーーーんと
気持ちをアップさせることが肝心です!

 

そんな時おすすめなのが

 

「乳香」フランキンセンスです。

 

アロマセラピーではおなじみですね。

 

お香では、精油になる前の塊を使います。

 

これです!

90315475_1475574529282804_4033121178825523200_o.jpg

 

けっこう迫力あるでしょ!

香りも精油とは違い
とても温かみのある香りです。

 

乳香は、和のお香ではほんのちょっと使いますが
ハーブのお香作りではけっこう大胆に使います。

 

その香りは古代から

病気の不安などのストレスを取り除き、
精神的な不調の改善に
とても役立っていました。

 

教会などの大切な儀式の前では、
必ず乳香が焚かれました。

 

9556b1f614de97591f546194ff892b78_s.jpg

 

それは、乳香には
人の気持ちに作用し、
瞑想と祈りに導く作用があることを
聖職者たちが、はるか以前から
気づいていたからかもしれません。

 

 

実際にアロマとは違う香りですから
嗅ぎ比べてしてみませんか?

お香として使う場合、
いろいろな使い方もありますので
体験会でお伝えしたいと思います。

 

 

マスクにも塗れる!

浄化やプロテクト、

お清め効果も抜群!!!

抗菌作用のある香原料で作る「塗香」作り

 

▼個別体験会の詳細とお申し込みは▼