もう占いに100%頼るしかなかったんです・・・

魂に栄養を与える香りの習慣
お香パティシエJP
椎名まさえです。

 

お香パティシエ講座で教えている
お香の中の一つに

「練香」があります。

 

平安時代に貴族たちが焚いていた
雅なお香です。

 

 

そこで今日は
平安時代の香りにまつわるお話です。

 

今でこそ、

毎日お風呂に入る習慣が当たり前ですが
平安時代は、毎日お風呂に入ることは
ありませんでした。

なぜか・・・

当時の貴族たちの生活のほとんどが
占いによっていろいろなことを決めていたからです。

☆運勢の悪い日は仕事を休む(認められていた)
☆手の爪は丑の日に切り、足の爪は寅の日に切る
☆外出の方位も占いで決める
☆入浴は、縁起の良い日のみ

もしも・・・
縁起が悪い日にお風呂に入ったら、
洗った部分から悪霊や邪気が入ってしまい

体調を崩したり、
命を落とす危険性があると
考えられていました。

そうなると、体はかなり汚れています。

特に女性は、何枚も着物を着ているため、
汗で、身体からは匂いも発してしまいます。

髪も長く乾かすのが大変!

 

 

その時に、使われていたお香が

「練香」です。

 

半乾きの髪には、
お香の香りが付きやすく、

美人になるための
平安女子のたしなみの一つでした。

 

 

いかがですか?

文化の歴史は
香りの歴史と深い関係があります。

 

このような歴史の中で
仏教伝来と共に伝えられてきた
お香が現代に脈々と伝えられています。

 


私は、このような
お香の歴史と和のお香作りを
多くの方に届けたいと想っています。

 

天然の100%の香原料で作る
お香作りを学んでみたい!

 

お香の仕事に興味がある!

 

という方は、

 

8月1日から募集開始の
オンライン無料個別相談会で
お待ちしています!

 

お香パティシエ講座は
オンラインでも受講が可能です!

 

91971444_237435950974899_1414559092529168384_n.jpg